診療案内

花粉症対策

ニュースなどでも最近よくとりあげられているように、2月、3月ごろから始まるスギ花粉症は有名です。日本では4人に1人とまで言われるほど花粉症は増加しています。 しかし一方で、あまり知られていませんが、夏、秋、冬、オールシーズンといろいろな花粉が飛んでいます。目のかゆみ、くしゃみ、咳、鼻水など個人差はありますが、症状が治まらない方は一度検査を受けていただくことをお勧めします。

対策
  • マスクをして花粉が体内にはいらないよう、注意しましょう。
  • 眼の症状が強い人は特にゴーグルもお勧めします。
  • コンタクトレンズを使用している人は着用を最小限にして眼球が傷つくのを防ぎましょう。
  • よく晴れた日や風の強い日は花粉が多く飛散するため、外出を控え、部屋の窓をなるべく開けないように注意してください。特に午後1時~3時、夕方5時~7時は花粉が多い時間帯です。
  • 洗濯物を取り込む際、外出して帰宅したときはしっかり花粉を払い落としましょう。
治療
  • 花粉の飛散する2週間ほど前からくすりを飲み始めて備える。
  • 点鼻薬、点眼薬なども併用してアレルギー症状を抑える。
  • もちろん、体調が悪いと症状も悪化するので日々の体調管理は大切です。

お気軽にご相談ください。

>>このページの先頭へ戻る